mri 服装 頭 脳

mriで脳や頭の検査をする時の最適な服装

スポンサーリンク

頭を打ってしまった時などは、mriで脳の検査をすることになります。
見た目では出血がなくても、内部では出血があるかもしれないからです。
放置することで、後々、大きな障害が出てしまうこともあるので、ちょっとしたことでもできれば頭の検査は詳しく受けておいた方が有効的です。
その際の服装は、軽めのものにすることをお勧めします。
リラックスした状態で臨めるようにすることがポイントです。
そのため、あまり締め付けのあるスキニーパンツなどを着用しないことが重要となってきます。
事前に、mri検査を受けることが分かっている場合には、注意点を病院やクリニック側から受けることになっています。
精密な機械を使うことになるので、当然、金属などを身に着けていてはいけません。
時計なども外すように言われます。
脳の検査の場合、頭だけしか機械に入りません。
服装はどんなものでもいいのではないかと思われることがよくあります。
しかし、専用の検査室に入るため、データに狂いが生じないようにするためにも、指定される格好で臨むことが大事です。

スポンサーリンク

頭のmri検査では、当然、頭まわりの状態にも気をつける必要があります。
例えば、女性の場合、髪留めを使っていることがあるはずです。
髪留めに金属が付いているものは機械に反応してしまうので、取るように言われます。
ヘアピンやヘアゴムなども同様です。
それから、ピアスやネックレスなども外すように言われます。
いずれにしても、脳の状態を調べることになるので、頭まわりには何もつけないことがポイントです。
女性は髪の毛を結ぶことなく、そのままの状態で検査を受けることをお勧めします。
服装に関してもベルトなどは取るようにします。
10分程度、動かずに寝転がっていなくてはならないので、体が苦しくならないような格好が一番です。
ミニスカートを履いてきてしまい、足元が気になるという人も女性の中には多くなっていますが、その点は安心です。
寝転がっている間は、きちんとタオルなどをかけてくれることになっているからです。
しかし、事前に受けることが決まっている場合には、ズボンやロングスカートなどを身につけることが常識です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

脳疾患早期発見の切り札、頭部MRI検査の概要と費用
脳疾患早期発見の切り札、頭部MRI検査の概要と費用あれこれです。
脳外科のMRI料金はどのくらいか
脳外科のMRI料金はどのくらいかについてあれこれです。
脳のmri検査でわかること
脳のmri検査でわかることについてです。