mri 服装 ボタン

mri検査の服装について ボタンのついたデザインは要注意です

スポンサーリンク

 mriの検査を受ける際には、金具などの金属類のついた服装は避ける必要があります。
検査室に用意されている検査着によっても、適した服装は変わってきますので、事前に病院のスタッフに確認しておくのがポイントです。
パンツやスカートの場合には、金属性の留め具やボタンなどが問題になります。
ジッパー付きのデザインは大概は、脱いで検査をすることが必要です。
専用の検査着が用意されていれば、ボトムスを脱いでも問題なく検査に臨めます。
ボタンは、時に意外な部分についていることもあります。
内ホックなどの小さいものにも要注意です。
また、表面にカラーをほどこしているボタンの場合には、一見金属に見えないもことがあるため、素材を確認することが求められます。
mri検査の当日は、判断に迷うような服装を出来るだけ避けることが大切です。
迷うのを避けたい場合は、ボタンの用いられているデザインではなく楽に脱ぎ着が出来るニットやTシャツなどを選ぶのがベストと言えます。

スポンサーリンク

mri検査では磁気を用いるため、金属部分は発熱しやすくなります。
ですので、貼るタイプのカイロや磁気付き貼り薬なども避けることが必要です。
また、女性の場合には、まつげのエクステやカラーコンタクトレンズもmri検査当日の装着は控えます。
このようなアイテムには金属が含まれていることがあり、思わぬ事故を誘発する要因の一つです。
刺青などを行っている場合は、mri検査が受けられないことも出てきます。
当日は、メイクも控えめにするのが賢明です。
パール感のあるアイシャドウやフェイスパウダー、口紅などの中には、微量の金属が含まれているものも見られます。
化粧品の場合は中々神経が行き届かないのが、一つの問題です。
撮影を行う部位によっても多少適した服装は変わってくるため、予め情報を集めておくと役立ちます。
mriのは腰や膝といった部位はもちろんのこと、骨盤や脳にも適用される検査です。
検査の妨げになるような服装を避けることが肝心です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

mri検査を受ける際の服装の注意点について
mri検査を受ける際の服装の注意点についてです。
mri検査の際の服装について タイツ着用も可能です
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。
mri検査の時の服装について
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。