mri検査の時の服装

mri検査の時の服装について

スポンサーリンク

 設備が整っている病院で検査や治療を受けた場合において、その流れとしてmri検査というものを行う時があります。
これは脳や臓器などの身体の内部の臓器の状態について、専用の医療機器を使って異常が発生していないかを調べるための検査となります。
そこでmri検査の時の服装について紹介していくと、基本的に動きやすい服装をすることがポイントとなります。
ですがmri検査の時の服装における注意点として、この医療機器は磁力を使います。
なので実際に検査をする場合においては、アクセサリーといった貴金属については外すことが重要となっています。
貴金属を着用していると機械が誤作動をおこしてしまうため、検査時は外すように指示されることが多いです。
これが検査時における注意点となっており、貴金属を着用していた場合には医師や看護師から注意されることがあります。
なおあくまでも身体の内側の異常を調べるための検査なので、裸になる必要はないです。

スポンサーリンク

 病院でmri検査の時の服装における注意点として、基本的に貴金属は着用しないことがポイントとなっています。
磁力を使った検査をすることがポイントとなりますが、婚約指輪といったものについても外す必要があります。
ですがこれは検査時に外せば良いということなので、検査が始まる直前までは身に付けておいても特に問題はないです。
なので普段指輪をしている方がmri検査を受ける場合においては、始まる直前に外せば特に問題はないです。
またズボンのベルトも種類によっては金属を使っていることがあるため、その場合にも一時的に外してから検査を受けていきます。
さらに衣類に金属を使用している場合においても、mri検査の時に誤作動が起きてしまうことがあります。
なのでそういった場合においては、検査を受けるために着用する衣類を病院側で貸してくれることがあります。
このような決まりがあるため、出来るだけ貴金属については最初から着用しないように心掛けることが重要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

mri検査を受ける際の服装の注意点について
mri検査を受ける際の服装の注意点についてです。
mri検査の際の服装について タイツ着用も可能です
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。
mri検査の服装について ボタンのついたデザインは要注意です
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。