MRI検査でわかること 費用 料金 時間 結果

mri t1 t2 違い flair記事一覧

 体の臓器や血管を撮影する検査方法としてmriがあります。同様な検査としてCTがありますが違いはX線を使っているかいないかす。CTはX線の透過率の差を画像にしたもので、MRIは磁気共鳴画像といわれるように磁石を使用し、体内の水分の情報を取り出して画像にしています。MRIは検査時間が少々長いため、患者が長時間の検査に耐えられない場合は利用ができませんが、腫瘍性疾患や椎間板ヘルニアの状態把握や脳梗塞発...

 体の断面図を撮影したいときに用いるものに、mriがあります。mriとは、体内に存在している水素の原子核を利用して撮影するものです。水素の原子核に磁気をあてると、原子核は一定の方向を向きます。その際に発生する微弱な電波をMRIの機器がキャッチして、体内の骨や臓器を画像にするのです。実は、MRIには複数の撮影方法があり、それがt1、t2、flairというものです。撮影方法を変えていくつかの画像を撮影...