腹部ct検査とは 病名 レセプト イレウス

腹部ct検査とはイレウスなどのレセプト病名が分かるのか

スポンサーリンク

 ct検査にはさまざまな種類が存在しており、身体全身を部位ごとに分類して撮影します。
またとくに何もせずにそのまま検査を実施する単純検査と造影剤を使用した検査といった検査方法にも種類があり、造影剤を使用した方がより高性能に撮影することが可能となっています。
そんなct検査の中でも腹部ct検査とは他の部位よりも明らかに広範囲を含み、肝臓や腎臓、膵臓や胃、大腸や小腸、胆嚢などさまざまな臓器に対して用いられることがあります。
ただし基本的に腹部ct検査とは精密検査の一種になりますし、量は高くなくても医療放射線被ばくのリスクもあるため、はっきりと異常がある個所が分からなければ実施されることはありませんし、あくまで画像として異常を発見することを目的としているため、通常は機能検査として血液検査や尿検査などと併用することが一般的に多いです。
ちなみに腹部ct検査とは、肝臓ならば肝炎や肝硬変、肝がんなどの病名がよくあり、膵臓や腎臓などでもいろいろな病名が判明することがありますが、胃や腸の場合は疾病が大きくないと発見しにくいケースもよくあり、がんやイレウスなどはそれでも比較的発見されやすい方ではあります。

スポンサーリンク

腹部ct検査とは高性能で腹部のさまざまな異変や病気を発見することに役立ちますが、やはり他の検査との併用は必要ですし、初期のものや小さい場合などは見逃されてしまうこともよくあります。
とくに胃や腸といった臓器はよほど症状が悪化していないと発見しにくく、たとえば進行した胃がんや大腸癌、イレウスといった病名ならば、発見されることもあります。
また病名に関しては、診療報酬明細書ことレセプトに記される場合は正当な病名でないケースもあります。
たとえば腹部ct検査とはあくまで検査であり、治療ではありません。
それゆえにレセプトに記す病名としては疑い病名であり、ct検査以外のカルテや問診、医者との相談などから判断してレセプトに記されることがほとんどです。
それゆえにレセプトは腹部ct検査でイレウスらしいと判明したならば、イレウスの疑いと記されることになり、ずばりイレウスと記されることは少ないです。
そのために自分でカルテを見た時にイレウス以外にも見覚えのない名称が記されていることもありますが、それは腹部ct検査とははっきりした病名が特定できず、レセプトにはそのように記す傾向があるためであり、レセプトの特徴を考慮すれば、とくに問題はありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

下痢の原因を腹部ctで調べれば腹水などの病名がわかるはずです
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。
胃や腎臓の腹部ct検査でわかること
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。
腹部ct検査でわかる病気にはどんなものがあるでしょう
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。
腹部ct検査で造影剤を使った場合の費用と窓口の料金は
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。