大腸ct撮影加算とは 算定要件 点数

大腸ct撮影加算とはと算定要件や点数

スポンサーリンク

 病院でさまざまな検査が行われていますが、大腸ct撮影加算を算定するためには、いくつかの条件があります。
この中で大腸ct撮影加算とはということが気になりますが、これはct撮影の施設基準が必要になります。
その中で算定要件や点数というものがあります。
大腸ct撮影加算とは次のようになっています。
算定要件や点数は、64列以上が16列以上64列未満の機器が必要と言うようになっています。
大腸ct撮影加算とはこのようになっていますが、4列以上16列未満のものは該当しないようになっています。
大腸ct撮影加算とは、4から16列未満の方法では、画像で再現することが難しくなっているので、このように算定要件や点数が設けられているというように考えられています。
また大腸ct撮影加算とは、64列の場合には画像診断2の施設基準が必要であると考えられています。
大腸ct撮影加算とは、放射線科の画像診断を担当する常勤の医師が必要となっています。

スポンサーリンク

大学病院や総合病院ではこのような算定要件や点数を満たしていると言うところが多くなっていますが、画像診断を担当するという常勤の医師がいないと言うことになれば、64列を設けていても算定要件の点数を満たすことができません。
したがってこの場合、16列以上64列未満で届け出をしなければいけないと言うようになっています。
また特別な画像処理をしなければいけないようになっているので、専従の診療放射線技師を1人配置しなければいけません。
算定要件や点数に関しては、ほかの検査で大腸悪性腫瘍が疑われるという場合、64列以上が16列以上64列未満のctを使って検査を行い、算定ができるようになっています。
この撮影を行う場合には、直腸チューブを使って二酸化炭素を注入し、大腸をctで撮影して三次元画像処理が行われることもあります。
大腸の検査に関しては、輪切りにして中の状態を確認することが非常に難しくなっています。
それは内視鏡検査のように管腔描写をする必要があるからと考えられています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加