ct断層撮影 適応疾患 返戻 根拠

ct断層撮影と適応疾患や返戻と根拠

スポンサーリンク

 病院を受診したときには、レセプトと言うことが行われるようになっています。
レセプトとはどのような特徴があるのかというと、これは保険診療として病院で診療を行ったときに、それをお金に変換して出される請求書のことになります。
病院ではさまざまな検査が行われるようになっていますが、ここではct断層撮影という検査も行われています。
ct断層撮影では、さまざまな適応疾患があります。
ここで適応疾患を発見することができるようになっています。
ct断層撮影では、病気を発見することができ、その病気があって初めて診療をすることができるようになっているので、レセプトには病名を書かなければいけないようになっています。
請求書ができあがると、社会保険や国民健康保険組合というような支払機関に一度提出されるようになっています。
そして保険者に渡っていくというような仕組みとなっています。
ここで注意をしなければいけないことがあります。
それは病院の申告した請求内容が、そのまま支払うと言うことが行われていません。
ここには根拠があります。

スポンサーリンク

申告された請求内容を見て、過剰な好意などの根拠がないか確認をし、減算するという審査が行われています。
これは査定と呼ばれるようになっています。
ct断層撮影での適応疾患に関しても、このように査定が行われています。
お腹が痛いというような症状が現れたときに、人間の身体の中で何が起こっているのかと言うことをct断層撮影で確認するようになっています。
ct断層撮影で適応疾患がわかれば、それを根拠にレセプトが作成されるようになっています。
しかしこの請求書に関して返戻されることもあります。
どのようなときに返戻されるようになっているのかというと、整合性が認められない場合です。
ct断層撮影の適応疾患で、あまり過度な適応疾患を付けてしまうと、整合性に問題が発生するとして返戻される可能性があります。
根拠がない説明要求として返戻される可能性があるので十分に注意をする必要があります。
レセプトを作成するときには、診療録が根拠となるので其れをしっかりと頭に入れておきます。
返戻に関しては、根拠が非常に重要です。
返戻されないようにしっかりと作成をします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加