腹部骨盤ct検査でわかる病気 病名 費用

腹部骨盤ct検査でわかる病気や病名と費用

スポンサーリンク

 ct検査を受けたことがない方は、何が分かるのだろうかと思うかもしれませんが、腹部骨盤ct検査でわかる病気は幅広いようです。
ct検査とは、体内の臓器を輪切りにした状態で画像として見れる機器です。
実際の検査時間は、腹部骨盤ct検査の場合では個人差はあるかもしれませんが、40分から1時間位のようです。
腹部骨盤ct検査でわかる病気としては、例えば肝臓や胆嚢や膵臓の病変などがあります。
また、ct検査をする前に腫瘍の疑いもある場合などに、その腫瘍が悪性腫瘍なのか、どの程度進展しているのか、リンパ節への移転はあるのかどうかの診断に用いられます。
ただ、癌という病名の診断には、ct検査だけでなく他の検査もあわせて行われるのが一般的です。
また、腹部骨盤ct検査でわかる病気として、他にも膀胱や前立腺、子宮や卵巣の病変があります。
病名としては、男性なら前立腺がん、女性なら子宮筋腫や子宮がんなどがあります。
ただ、これも、完全に腹部骨盤ct検査でわかる病気とは言えないところもあり、病名の診断がつくには、血液検査や腫瘍マーカー値やエコーなど様々な他の検査が必要になります。

スポンサーリンク

また、腫瘍や癌の疑いで腹部骨盤ct検査を行う以外に、例えば急な腹部の痛みなどで疑われる病名もあるようです。
消化管穿孔や胆石、膵炎や黄疸や尿路結石、解離性大動脈瘤などがないかの診断に用いられます。
このように腹部骨盤ct検査でわかる病気は、多くある為、病名の診断には疑われる疾患の確認が行われます。
腹部骨盤ct検査でわかる病気の話をしましたが、ct検査には、単純ct撮影と造影ct撮影があります。
疑われる病名によっては、必要に応じて単純ct撮影を行った後に造影ct撮影が行われることになります。
先に造影剤をいれてしまうと、病変が分かりにくくなる臓器があるからのようです。
ただ、造影ct撮影は、費用も多くかかるのではないかと不安な方もいらっしゃるかもしれません。
病院によって多少異なりますが、単純ct撮影の場合、保険適用で2千円から3千円ほどなので造影ct撮影の場合も、それが少し変わる位のようです。
また、費用の面で不安な場合は、ネットでも腹部骨盤ct検査でわかる病気を調べると、詳しく費用について書かれたサイトもあります。
体験者の声などからも費用についての口コミサイトもあるようです。
ただ、ct検査は、何度もする検査ではありませんので、費用の心配をするよりは診断をしっかり受ける為に、費用をかけても受けたい検査かもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

腹部および骨盤ctにおけるおもな病名は
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。