ctの全腹部とレセ病名について

スポンサーリンク

病院を受診すると、さまざまな検査が行われるようになっています。
その検査の中でctが行われることがあります。
全腹部のct検査を行うと言うことがありますが、このときのレセ病名はどのようなものがあるのかが気になります。
レセプトという言葉を耳にすることがありますが、これは保険診療として病院で診療を行ったという行動をお金に変換するという請求書のことになります。
これは診療報酬点数表で決められたルールと、その行為に割り当てられた点数で計算をするというようになっています。
請求書に関しては、病院が行う自己申告によって作られるようになっているので、実際には行っていない好意を請求したり、決まりを守らない請求をするというのはいけないこととなっています。
病院の検査で全腹部のctが行われることがありますが、このときのレセ病名が気になります。
病気があって初めて診療を行うようになっているので、レセ病名を記入しなければいけないようになっています。

スポンサーリンク

全腹部のct検査が行われることがありますが、ctに関しては、断層撮影法という方法によって、頭や腹部の臓器を確認することができるようになっています。
腹痛の症状があって全腹部のct検査をするということがありますが、このときにレセ病名を腹痛と書いてしまうと、間違いなく査定されるようになってしまいます。
腹痛という症状が現れて、その後に何らかの病気を疑ってct検査が行われるようになっているので、全腹部のどの部分で異常が発生しているのかに関してしっかりと確認する必要があります。
ここで考えられる病気として、胆石症や腹部臓器の癌などがあります。
全腹部の検査を行うことで、このような病名を確認することができます。
レセ病名をはっきりと書く必要はありません。
癌の場合には、レセ病名は血液検査での腫瘍マーカーを請求していれば、その病気の疑いとして審査が通るようになっています。
ここであまりにも大きすぎる疾患を付けてしまうと、説明要求として戻されてしまう可能性もあるので注意をします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加