腹部 ct 泌尿器 病名

泌尿器科で行われる腹部ctの検査と調べられる病名

スポンサーリンク

腹部ctは内臓の健康状態を検査する上で欠かせないものです。
腹部のctは肝臓の機能を確認する為に多く用いられていますが、その他にも肝臓周辺の悪性腫瘍の有無を確認する為に頻繁に利用されています。
特に、腹部ctで発見される事が多い病名としては内臓に転移する可能性の高い悪性腫瘍があり、胆石や胆のう炎などもあります。
また、この検査では尿路結石などを早期に見つけることも可能です。
その為、泌尿器科で多く採用され、病名としても多くの方に知られている日常的な疾患を見つけることが出来る検査なのです。
泌尿器科では石灰化した物質の有無を把握する為にct検査が用いられています。
ct検査は他の超音波を用いた検査や血液検査では特定できない疾患を見つけることが出来る為に非常に有用性の高い検査です。
また、検査に要する時間が短く身体的な負担も少ないため、患者にとってもメリットが大きな検査となっています。
その為、発症率が高く知名度の高い病名を見つける上で大変役立つ検査です。

スポンサーリンク

腹部ct泌尿器の病気を見つけるために欠かせない検査です。
腹部ctの検査は数十分程度で終了し、泌尿器の診療範囲となる膀胱や尿管に関係する疾患を見つけることが出来ます。
また、泌尿器科では病名として悪性腫瘍の疑いがあるケースに腹部ctが用いられ、血液検査や超音波の検査などと併用される事が基本です。
また、泌尿器の血管に病巣がある場合、造影剤などを用いた検査が行われる事が一般的です。
その結果、鮮明に血管の腫瘍の状態が把握できるため、造影剤が注射により注入されます。
この検査は病名として度々耳にする機会がある病気を調べる為に用いられます。
これらの病名は一般に普及していますが、検査内容や治療法は理解されていない事が多い為に予め検査内容を知っておく事も大切です。
この検査で見つけることが出来る疾患は生命を左右する重篤な症状へと進行する可能性が高いものも多く、進行性の疾患を見つけ早期に対応する上で不可欠な検査でもあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

腹部のct検査で泌尿器科でわかる病名
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。