腹部ct検査でわかること 胃 腎臓

胃や腎臓の腹部ct検査でわかること

スポンサーリンク

CTはcomputed tomobraphyの略で、日本語ではコンピューター断層撮影と呼ばれています。
あちこちの病院で使われています。
x腺を使い人体の横向きの横断面へ360度のいろいろな方向からx腺を照射させ、各方向からのx腺吸収の差をデーター化し、そのデーターをコンピューターにて解析して、人体の輪切りの写真を作り出す検査です。
普通のレントゲン検査では写せない臓器の病変も、はっきりと写し出せるのが特徴です。
MRIの検査に比べて検査時間を短くできて、5分から20分位で撮影できます。
肺の病変については、MRIよりも優れた検査方法であると言われています。
ただし、デメリットもあります。
x腺を使用する事による放射線被爆はあります。
このことにより、妊娠している人や妊娠の可能性のある人の撮影は放射線被ばくが考えられるためできない事があります。
子宮・卵巣・前立腺などの骨盤内領域や関節や腰椎などはMRI検査の方が優れています。
造影剤を用いたCTの場合は、状況により食事制限をする必要があります。
気管支喘息やヨード系の造影剤においてアレルギーのある人には造影剤を使用することができません。
普通の人でも、造影剤による副作用の可能性があり、検査時や検査後に嘔気嘔吐、かゆみ、じんましんなどが発症する可能性があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

では、胃や腎臓において腹部ct検査でわかることにはどんなことがあるでしょう。
進行性の胃癌や大腸癌はある程度診断がつく場合があります。
しかし、胃においては癌の広がりやリンパ節への転移状況や肝臓への転移などを調べて、それらの所見から胃癌や大腸癌の進行を疑うことになります。
腹部ct検査でわかることとして、胃癌がある事を診断する事は可能ですが、胃癌が無い事を診断する事はできません。
通常、腹部ct検査でわかることは、肝臓・膵臓・胆嚢・腎臓などの臓器の状況で胃腸については内視鏡の方が確実です。
腹部ct検査でわかることには、癌の転移におけるリンパ節における腫れや胸水や腹水がどのくらい溜まっているかも見る事も出来て、現状を把握するのに便利です。
腎臓辺りについて腹部ct検査でわかることは、腎嚢胞や多発性嚢胞腎ははっきりと画像に表され確定診断を付けることが可能です。
その他では、腎癌、水腎症、副腎の腫瘍、腎臓結石や尿管結石、膀胱腫瘍などの診断は得意としています。
腎臓の腹部ct検査でわかることの素晴らしい点としては、腎細胞癌の性質や石灰化の有無、肝臓や膵臓と言われる腎臓に近い臓器やリンパ節への転移を見極める事ができます。
造影剤(ヨード造影剤)を短時間で注入するダイナミックCTを行う事で腎細胞がんの診断がより確実にできます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

腹部ct検査とはイレウスなどのレセプト病名が分かるのか
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。
下痢の原因を腹部ctで調べれば腹水などの病名がわかるはずです
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。
腹部ct検査でわかる病気にはどんなものがあるでしょう
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。
腹部ct検査で造影剤を使った場合の費用と窓口の料金は
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。