血液検査 ctスキャン 影響

血液検査とctスキャンの影響について

スポンサーリンク

 病院での健康診断では、血液検査やctスキャン、尿検査、心電図などが行なわれるのですが、その中でctスキャンに関しては、発ガンの影響を心配している方も少なくありません。
そもそもctスキャンとは、体にX線を照射して体の内部を断層撮影し画像化する検査のことです。
体を輪切りにして見ることができるため、体の内部をより詳細に調べることができます。
ゆえに、ctスキャンは、尿検査や血液検査ではわからなかった体の状態を把握することができる検査となります。
 ctスキャン検査後の体への影響、つまり副作用については、吐き気や嘔吐、かゆみ、じんましんなどが代表的な影響となります。
しかし、通常これらの身体への影響は、ctスキャンの後1時間くらいの間に起こる症状であり、きわめて軽度で特別な処置を必要としない程度の影響となります。
ただし、中には数日経ってから、かゆみやじんましん、吐き気などの症状が現れる場合があります。
その場合には、すぐに医師に相談するようにしましょう。

スポンサーリンク

 確かにX線の影響によって、被爆してしまいガンに罹患する可能性はあります。
しかし、健康診断など医療の現場で使用されるX線の量は非常に少量であり、発ガンの可能性は極めて低いとされています。
日々医療機械の精度の進歩しており、現在使用されているCT装置は、さらに少ないX線量で検査することが可能となっています。
 健康診断の項目で必須となっている血液検査については、血糖値と中性脂肪の2つの項目に関しては食事が影響してきます。
ゆえに、血液検査の前には食事制限が設けられるのが一般的です。
空腹時に採取した血液が、検査にはベストだとされているからです。
万が一、医師から禁止されている時間内に飲食してしまった場合には、血液検査を受ける前に医師にその旨を伝えましょう。
ちなみに、体に不調を感じて受診し、医師が必要と判断した場合の血液検査は保険適用となるのですが、健康診断での血液検査に関しては保険適用外となります。
ほとんどの場合、血液検査は健康診断のコースに含まれており、全体での料金設定となっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

血液検査やctスキャンの費用について異常なしでも定期的に検査を
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。