腹部ct検査でわかる病気

腹部ct検査でわかる病気にはどんなものがあるでしょう

スポンサーリンク

CTやMRIの出現により格段にいままで見えなかった全身の現状がメスを入れなくても見えるようになりました。
その事により医療の躍進が素晴らしく、患者さんへの説明も向上してきています。
CTは、Computed Tomographyの略で、コンピューター断層撮影法の事を言います。
CTはx腺を使います。
ちなみにMRIは磁気を使いますので少し考え方が異なる機材です。
CTは体にエックス線を照射して、透過したエックス線量の差をデーターとして収集し、これをコンピューターにて処理する事によって身体内の内部状況を画像化する検査です。
CTのメリットとしては、骨など水分が少ない箇所の画像診断には素晴らしい能力を発揮します。
全身の撮影には機材にもよりますがMRIよりも素早く撮影できます。
救急の場合でも素早く撮影できるため腹部ct検査でわかる病気が増えました。
しかし、よく言われるデメットとしては、放射線を使うために、少量ですが被ばくは避けられません。
内臓の診断をする際は、骨が一緒に写ってしまうために、見えない部分が出てしまう場合もあります。

スポンサーリンク

腹部ct検査でわかる病気としては、現在は肝臓や胆嚢、膵臓などの内視鏡を用いた検査では観察できない腹部臓器の病変を診断する際に有効と言われ使用されています。
検査については、単純CT撮影と造影剤を使う造影CT撮影があります。
造影剤を使用する事によって明らかに判定できます。
近年は機材の発達によって断層面5mmで撮影するため、小さな変化で5mm以上も読影できるようになりました。
具体的には腹部ct検査でわかる病気では、肝臓癌、胆道癌、膵臓癌などの腹部臓器の原発性の悪性腫瘍が発生していないか、病気の進展度も見ることができ腹部ct検査でわかる病気が増えました。
どのくらいの大きさか、転移はどうかなども見えるようになりました。
急性腹症が起きた際には腹部ct検査でわかる病気としては、消化管の穿孔や胆石、胆嚢炎、膵炎、尿路結石、解離性大動脈瘤、膿瘍の有無も診断できますので、診断を付けやすくなりました。
具体的に腹部ct検査でわかる病気としては、肝臓癌、胆道癌、肝硬変、胆石、胆嚢炎、膵炎、大動脈瘤に使われます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

腹部ct検査とはイレウスなどのレセプト病名が分かるのか
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。
下痢の原因を腹部ctで調べれば腹水などの病名がわかるはずです
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。
胃や腎臓の腹部ct検査でわかること
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。
腹部ct検査で造影剤を使った場合の費用と窓口の料金は
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。