mri 検査 服装

mri検査を受ける際の服装の注意点について

スポンサーリンク

病院などでmriを受ける場合さまざまな注意点がありますが、一番気をつけたいのは受ける際の服装です。
頭部や腹部などどの部位で受けるのかによっても異なりますが、ほとんどは専用の服に着替えて実施します。
その際持ち物や身体に装着しているものなどもすべて外して身ひとつとなることが必要なわけなのですが、この身ひとつというのが本当の意味で言葉通りに守らなくてはいけないのです。
これは自分の身体を守るために非常に大切なことなのです。
特殊な注意点になりますが、受ける際に守るべきことは「自分の身体から外せるものはすべて外す」ということです。
普段の生活の中であまり意識していないものでも必ず外せるものは外して実施しましょう。

スポンサーリンク

 

なぜかというと、mriは磁場の力によって身体の内部を見ることができるものです。
よって金属類などを持ち込むと強い力で引っ張られてしまい、酷いときには外れて機械に張り付いてしまうこともあります。
そのため装着品としてはめがねやヘアピン、入れ歯、アクセサリー類はもちろんのこと、服についている金具や下着のワイヤーなども外す必要があります。
またなかなか外しにくいのですが、カツラやウィッグ類も外す対象となります。
また湿布などの貼り薬もつけたまま実施すると火傷を引き起こすこともありますので、入念なチェックが大切です。
安全に検査を受けるために病院側も二度三度と格好について確認をしてくるでしょうが、自分の身体のためにも正しく検査を受けられるように自分でもチェックを行ない、疑問や不安なことがあれば病院スタッフに何でも相談してみることも良いことです。
またスムーズな進行のためにも、当日はあまりきらびやかな服装は控え、脱ぎ着がしやすいシンプルな格好が良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

mri検査の際の服装について タイツ着用も可能です
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。
mri検査の服装について ボタンのついたデザインは要注意です
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。
mri検査の時の服装について
MRI検査でわかること!費用・料金・時間・結果・食事・方法・副作用などいろいろ書いていきます。