mri検査結果 所要時間

mri検査結果が出るまでの所要時間

スポンサーリンク

 昨今ではX線以外にも切ったりしないでも外側から体の内部を検査する方法があります。
有名なのはCTとMRIです。
X線のように平面的ではなく通常頭部や内臓、骨など体の輪切り状態の連続で撮影されるので立体的に画像を見ることができます。
CTは安全性が高く手軽に利用でき誰でもすぐ撮影できますが、強力な磁石を使って検査するMRIは貴金属に反応するのでペースメーカーを埋め込んでいる人などは利用できないなど制約があります。
ただ、MRIがCTに勝る点は骨の影響を受けないことです。
脳など、樟脳や脳幹は厚い骨に囲まれているのでX線の乱れが生じCTではよく見えないのですが、MRIなら病変の細かい変化がよくわかり脳梗塞などがよくわかります。

スポンサーリンク

 

実際、MRIの撮影時間は数分で済みますし、電子画像のフィルムも電子カルテに反映されるので、造影時間に30分から1時間かかることもありますから、即座には見られませんが、所要時間は1-2時間といったところでしょうか。
外来で撮影しているならmri検査結果は待てれば診察時間内に観ることはできます。
通常、検査の技師とその画像を見て判断する医師とは別々の人が行います。
救急や入院中なら結果が出次第、医師から説明があります。
MRIの普及で健康な人の受ける脳ドックでも利用され、脳梗塞症状がない脳梗塞が見つかる場合もあります。
また逆に感度がよすぎるため、病気でないのに異常として判断されることもあるので注意も必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

子宮のMRI撮影にかかる時間とは
子宮のMRI撮影にかかる時間とは?についてあれこれです。