インプラント mri 影響

インプラント治療が済んだ後のmriへの影響は

スポンサーリンク

 インプラントを治療されている人の疑問として 「人工歯根をセットしたら、mriは出来ないのでしょうか」といったものがあります。
結論から申し上げると撮影可能になります。
MRIのケースでは、磁気を充てるため磁気に作用する金属が作用してはいけませんがチタンや歯科用金属は磁気に作用しづらく、一般的に実施される頭部のMRIは歯と距離があるので基本的には支障ありません。
ただしMRIの場合 埋め込み式ペースメーカーや、人口耳小骨など、磁気や電気的な誘因で作用する物が身体の中に埋入されているケースになると撮影できません。
さらに磁石を使っての入れ歯を活用しているときや、人工関節や磁力で身に付けている義眼なども磁気にレスポンスして、損傷を受けることがあるため撮影できない場合があります。
つまり、磁気に作用するかどうかがポイントとなります。

スポンサーリンク

 

人工歯根がMRIに作用を与えることは無いとされていますが、写真にノイズや乱れが映ってしまうことなどもあり、頭部のMRI検査を行うケースでは、ドクターに人工歯根治療を受けていたことをお話しておくことが適切でしょう。
気をつける点として、インプラントと人工歯をつなぐマグネットタイプのケースになると、マグネットパーツを取り外すように気を付けて下さい。
マグネットのせいでMRIの撮影画面に乱れが生ずる懸念があるためです。
また人工歯根はチタンでセッティングされているため、磁力を活用することで体内を調べるMRIに作用することは多くの場合ありません。
チタンは磁石に反応を示さないです。
ではありますが、身体の中に金属を埋めているとすれば、磁力に作用して金属が影響を受けたり、熱をもったりするわけですから入れ歯の持参が禁止されています。
金属を使用しない人工歯根治療ということならば、MRI検査に影響は無いと考えられています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加