mri 音 怖い

mriの音が怖い場合の対処法

スポンサーリンク

mriは慣れていないと怖く感じられる人も少なくありません。
特に、独特な音が怖いと感じられる人が多くなっています。
数十分の間、適度に休憩があるとは言え、じっと耐えるには大人でも難しいものがあります。
何度、体験してみても慣れないという人は、担当医に相談してみることをお勧めします。
ひどい人では、あまりにも耐えられず、中断せざるを得ないということもあるからです。
これでは本来の目的を達成することができません。
対処法としては、心を落ち着けられるような薬を服用するというものがあります。
例えば、睡眠薬や精神安定剤などを服用してから受けることは可能です。
ただし、自己判断で服用することはできません。
事前に担当医から許可をもらうことが大事です。

スポンサーリンク

 

mriの音が怖いと感じられる人の多くは、小さいころのトラウマが原因ということもあります。
暗くて狭いところに閉じ込められた記憶がある人ほど、このような感情を自然と思い出してしまうものだからです。
また、閉所恐怖症だと自覚している人も注意が必要です。
場合によってはパニックを起こしてしまうこともあります。
パニック障害の人も注意すべきです。
このように、原因が分かっており、どうしても耐えられないという場合には、病院側でも対処法を考えています。
我慢せずに、気兼ねなく担当医に相談してみることが大事です。
また、自身でも多少は練習をしてみるというのもお勧めです。
暗い室内でじっとしてみるという経験を何度か行っていくうちに、慣れてくることもあります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

MRIはなぜ音がなるのかその原因
MRIはなぜ音がなるのかその原因あれこれです。