mri 検査 銀歯

銀歯があってもmriの検査が受けれるか。

スポンサーリンク

 基本的に銀歯が入っててもmriの検査は受けられます。
銀歯で主流として使われている金銀パラジウム合金等の磁性が弱いからです。
mriでは高周波磁場を使います。
その他に傾斜磁場(場所によって強度が変わる磁場)を作り出すために磁場強度を変化させるコイルがあります。
磁場が変化する金属の発熱に関しては、鉄などの強磁性の金属とそうでない金属とで違うのです。
強磁性の金属は外部の磁場を取り去っても磁石としての性質をのこします。
外部磁場が変化するときはそれなりに応じて当然のごとく極性の方向を変えようとしますが、この磁石としての方向が残ろうとする作用によって[ヒステリシス損]と呼ばれるエネルギー損失が生じ、それが強磁性金属を加熱します。

スポンサーリンク

 

ただし、過去には[歯科金冠]による熱傷を回避した事例もあります。
これに関しては[サンプラチナ]と呼ばれるニッケルやクロムが主成分の白金磁性金属が使われていたのが原因ではないかと言われています。
歯科補啜物としてはサンプラチナはほとんど使われていないそうです。
何か変だと感じたらためらわずにただちに医師、操作者に伝えることが自分の身を守ることになります。
発熱が大丈夫でも、外せる金属は外すことになっています。
磁性が弱い金属でも、ある程度の磁性があるならそれは一定強度の強磁場を乱し、結果として画像を歪ませる可能性があるからです。
患者さん一人一人に入室前に試すのは無理ですから、検査を受ける前に外せる金属は外すのが原則となっています。
これに関しても、歯科補啜物で使われている、金、銀、金銀パラジウム合金は歪ませるほどではないようです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加